お好み焼き教室・たこ焼き教室の専門学校|若竹学園

若竹学園ロゴ

お好み焼きを開業支援してくれる若竹学園のコースを紹介

脱サラしてお好み焼き屋を開業したいけれど、勤めていてお店で修行する時間をとるのが難しいため一歩が踏み出せないと悩んでいる方がいらっしゃいます

この記事ではお好み焼き屋の開業支援として、必要な技術を短期で身につけることができる若竹学園のお好み焼き教室についてご紹介します。


お好み焼き 短期集中コース

若竹学園におけるお好み焼き屋の開業支援コースは3日間で初めてお好み焼き屋を開業する人でも必要な技術を身に着けることができる「お好み焼き 短期集中コース」です。

1クラス4名の少人数制で指導が厚く行きわたり、質問しやすい環境を整えています。

家庭でも焼けるお好み焼きですが、だからこそ家庭では出せないプロの味を出せる技術が必要となります。仕込から焼き方などの味はもちろん、即開店に使えるメニューの指導、道具の揃え方から売上の分析まで、開業に必要な内容全てがコンパクトにまとめられているのが特徴です。

またメニューを増やしたい人向けに鉄板焼きや一品料理についてと、さらに詳しく開業準備を学べる、1日間のオプション講座も追加受講可能です。


ファミリーコース

若竹学園におけるお好み焼き屋の開業支援コースには、2人以上で「お好み焼き 短期集中プログラム」を申し込むことで2人目の受講者の入学金が無料、授業料が30%offとなる「ファミリーコース」があります。

申込条件は夫婦、兄弟、親子、開店後同じお店で働く経営者と従業員、企業で申込の場合従業員同士となります。

企業で3人以上の申込を行う場合は別途相談となります。


若竹学園のお好み焼き教室のおすすめポイント


若竹学園は元々大阪市内で昭和40年から「総本家若竹」というお好み焼き屋を経営していた佐竹正行、右季子夫妻が、お店が繁盛しているのを見たお客様から、自分もお好み焼き屋をしたいので焼き方を教えてほしい、とリクエストされたことから、昭和42年に「若竹お好み焼き教室」を開校したのが始まりです。

「美味しいお好み焼き屋さんが増えればお好み焼きを食べるお客様も増えて、業界も繁盛する」という創業者夫妻の方針のもとスタートした若竹学園でしたが、開講から55年、卒業生は日本全国で7、000人、開業したお店は日本全国はもとより。海外まで広がり4,000軒にもなりました。

「お好み焼き 短期集中コース」は、この「若竹」の味を守り受け継ぐ佐竹真綾学園長が、飲食店が初めての生徒さんにもプロの味が出せるように指導して自信をもって開業に臨んでもらっています。

開校以来55年変わらず続くこの「お好み焼き 短期集中コース」で、まずお客様に出せるお好み焼きが出せるようになってから開業準備を始めてみてはいかがでしょうか。


まとめ


若竹学園ではお好み焼き屋の開業支援として、3日間でプロの味を身に着けることができる「お好み焼き短期集中コース」があり、その卒業生が日本中で美味しいお好み焼きを広め続けていることがわかりました。

たくさんの人に愛されるお好み焼きの味を、ぜひ若竹学園で学んでみてください。