お好み焼き教室・たこ焼き教室の専門学校|若竹学園

若竹学園ロゴ

飲食店を開業したい時に受けられるサポートは?

2021年1月に株式会社帝国データバンクが発表した「飲食店の倒産動向調査」では2020年における飲食店事業者の倒産は780件と過去最多となりました。

せっかく飲食店を開業するならこのような結果とならないよう、様々な開業サポートを受けることを考えるのも良いでしょう。

この記事では飲食店の開業サポートの概要から望ましい相談先まで詳しくまとめてみました。

参考:株式会社帝国データバンク「飲食店の倒産動向調査」


飲食店を開業する時に必要なサポート


飲食店の開業サポートは会計事務所、法律事務所などがそれぞれの得意分野を活かして行っていることが多いですが、これから開業する人にとって具体的にどのようなサポートが必要なのか7つご紹介します。

資金調達

飲食店の開業サポートへの相談事として多く挙げられているのが資金調達についてです。

2013年に日本政策金融公庫が発表した「創業の手引+」の調査結果では、飲食店開業時に注意しておけばよかったこととして、「自己資金が不足していた」と回答した人が26.8%で1位でした。

このように開業資金については事前に必要な金額を試算し、ある程度計画的に資金を調達したとしても開業後に資金不足を痛感する人が多いので、初めての開業時にはしっかりとサポートを受けた方がよいでしょう。

飲食店の開業時によく利用される日本政策金融公庫の融資、主に地方自治体、民間の金融機関、信用保証協会の三者が連携して融資を実行する制度融資などをサポートしてもらえるでしょう。

参考:日本政策金融公庫「創業の手引+」
参考:日本政策金融公庫「融資制度一覧」

事業計画書案

飲食店を開業するには資金調達のためにも事業計画書の作成が必須ですが、どのような内容や書き方なのかがわからない人も多いでしょう。

事業計画書には「創業の動機」「事業経験」「商品・サービス」「取引先・取引条件」「必要な資金と調達方法」「事業の見通し」などを記載しますが、初めて作成する人の場合抽象的で根拠のない事を記載してしまいがちです。

飲食店の開業サポートでは事業計画書の内容を精査し、客観的なデータを基に具体的な内容を記載するよう助言します。

参考:日本政策金融公庫「創業の手引+(飲食版)」

店舗の相談

飲食店を開業するにはターゲット顧客の通行量調査や競合調査をした上で物件を探す必要がありますが、物件取得費が飲食店を開業する際に一番費用がかかるため、費用対効果を考えて物件を選択しなければなりません。

経営を考えると家賃が売上の10%以内に納まる物件を取得するのが望ましいですが、初めて開業する人の場合保証金が住宅と異なり家賃の6か月分~12か月分が相場であることや、居抜き物件の場合前店舗の借主に譲渡代金を支払う必要があることに戸惑いを感じるでしょう。

スムーズに物件を取得するためにも、開業サポートを受けるのが望ましいと言えます。

調理技術指導

飲食店の開業サポートにおいてこの調理技術指導を行う事例は、まだ少ないと言えるでしょう。

しかし飲食店での勤務経験がない場合、調理技術をどこかで身に付ける必要があるので一度専門の学校などに通ってみることをおすすめします。

⑤メニューの提案・開発
飲食店のメニューを作成する際一番意識する必要があるのは競合店との差別化です。

もし定番のどこでも食べられるメニューばかりなら、ターゲット顧客はその店にわざわざ足を運ぶ必要がないからです。

独自性が高く人目を惹くことのできるメニューを提案してもらえば、お店も良いスタートを切ることができるでしょう。



⑥マニュアルの作成

ターゲット顧客の立場に立ったサービスをスムーズに行うためには、業務マニュアルを作成するのが望ましいと言えます。

最初は開業サポートに相談して作ったとしても、アルバイトの店員の効率の良い成長を促すためにはそのマニュアルを読んで適切に業務が行えたかどうかをチェックし、内容を少しずつブラッシュアップさせていく姿勢が大切です。

接客サービス

接客サービスの研修を開店までにロールプレイングも含めてしっかりと行う必要がありますが、実際に顧客を店に招き入れてみなければわからないことも多いでしょう。

開店までの間にアルバイトの店員にどこまでのレベルを求めるのかを考え、それに応じたサポートを受けるのが望ましいと言えます。


飲食店の開業サポートを受けるには


飲食店の開業サポートを受ける方法を2つご紹介します。

①プロのための料理教室でノウハウを学ぶ
飲食店の開業サポートは資金調達や事業計画に重きが置かれるため、プロの料理教室で調理方法を学ぶのは他店との差別化につながります。

長く顧客に愛される飲食店とするためにも、味作りの基本に力を入れましょう。



②飲食店のコンサルタントに相談する

飲食店で成功したいと思うなら、専門コンサルタントに依頼するのも1つの方法です。

インターネットを用いた最新のマーケティング手法を使用し集客に力を入れてサポートしてくれるので、常連客と新規客をバランス良く獲得することができるでしょう。



まとめ


飲食店の開業サポートは会計事務所、法律事務所、プロ向けの料理教室、飲食店コンサルタントなどがそれぞれ得意分野を活かして行っているとわかりました。

不安要素を開店までに1つでも多く取り除くためにも、飲食店の開業サポートを積極的に活用してみてください。