豚玉 すじコンねぎ焼き 豚モダン焼き ミックス焼き 行楽用MINIお好み焼
      MASTER トップへ>>
●このレシピを する。
材料10人前
<生 地>
薄力粉 400g
ベーキングパウダー 13g
長芋 15〜20g
キャベツ 300g
紅しょうが 適量
天かす 適量
昆布だし 570cc
卵 10個
◆生地の作り方は豚玉を参照してください。
<具>
ねぎ 800g
牛すじ 300g
コンニャク 300g
<ソース>
醤油 みりん レモン汁
(各適量)
<トッピング>
かつお節(花かつお)
青のり
(各適量)

すじ肉の炊き方


(1)たっぷりの水にすじ肉を入れて、強火にかけて沸騰するまで煮込む。
(2)沸騰したら(1)をざるにあけ、さっと水洗いする。
(3)(2)を鍋に戻し、水を入れ直して強火にかける。沸騰したら弱火にして3〜4時間煮込む。

※その間、水を減らす位アクをすくって捨て、足し水をしながらじっくり煮る。

(4)竹串が肉にすっと通る位柔らかくなったら、ざるにあけて水洗いする。

※お肉によって時間の要短はありますので、煮過ぎないよう注意する。

(5)(4)を適当な大きさに切り、鍋に入れてだしを少々足し(肉の3分の1位の量でよい)弱火にかけ、沸騰したらみりんと醤油で味付けをする。
(6)(5)に味がついたら火を切る。

※炊いたすじ肉を、タッパー等に要れ冷凍庫で保存すると日持ちがよい。


こんにゃくの炊き方


(1)塩揉みして洗ったこんにゃくを、好みの大きさに切る。

※5mm角のサイコロ型か5mm厚の長方形くらいがベスト。

(2)(1)を強火にかけ、サラダ油で炒める。
(3)こんにゃくの色が変わったら、醤油とみりんを適量加える。

※甘口にしたい場合は砂糖を加える。後でソースをかけるので、薄味にするのも良い。

(4)(3)をかき混ぜながら、水分がなくなるまで炒める。

1.カップに基本生地、キャベツ30g、紅しょうが・天かす適量、卵1個を加え、これを混ぜ合わせる。
2.ホットプレートを200℃(強)に設定。
ホットプレートが温まったら、油を全体に敷き、混ぜあがった生地を少しだけカップに残し、一気にプレートに流す。
プレートに流し込んだ状態のまま、ロングスプーン等で生地を直径18cm位の大きさに、薄く延ばしながら広げる。

3.ねぎを一気に盛付けし、端を1cm残す間隔で、両手を使い、平らにするように全体に広げる。その上に、炊き上がったすじ肉を乗せる。更に、その上にこんにゃくを乗せ、なるべく平らになるように整える。 4.残りの生地を、ねぎや具を覆うよう調節しながら流し込む。裏面が焼きあがったら、テコを使ってひっくり返す。

※キャベツが少ないので、豚玉のときよりもどろっとした感じになる。


※クレープ生地より少し厚いくらい。


※なるべく全体にかけないと、ねぎの押さえにならないので注意!今ひとつ自信のない人は、生地を多めに残しても良い。

5.ひっくり返したら、中を包むようにして端を押さえる。その後、ネタが落ちつくように上から軽く押していく。
表面が焼きあがったらひっくり返す。

6.焼きあがった生地に、上から叩くようにしながらソースを塗る。

7.青のり・花かつおの順でトッピングして、ねぎ焼きの完成。



※ひっくり返したとき、表がまだ焼けてなければすぐに裏に返して、もう一度焼く。

※ソースの作り方
醤油とみりんを1:1の割合で合わせる。分量と味はお好みで調節してください。



※お好みでレモンやカボスを絞ってお召し上がりください。
このレシピを印刷したい方は「印刷」ボタンをクリックしてくださいね。
豚玉 すじコンねぎ焼き 豚モダン焼き ミックス焼 行楽用MINIお好み焼
      MASTER トップへ>>
 | 事業内容 | 受講生募集 | お問い合わせ |
☆このホームページに掲載されている記事・写真・動画等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。
Copyright (C) 2003 wakatakegakuen All Rights Reserved.