豚 玉 すじコンネギ焼 豚モダン焼き ミックス焼 行楽用MINIお好み焼
      MASTER トップへ>>
 お好み焼きをMASTERしよう!
 
 プロの技をここでご紹介します。今までなんとなく作っていたお好み焼きがちょっとしたことで
 本格的なお好み焼きに大変身します。
 みなさんも試してみましょう!

※1

(1)水1リットル・だし昆布15gを用意する。
(2)昆布は布巾で拭いて砂を落とし、水の中に入れる。
(3)そのまま火にかけ、沸騰したらすぐに火を止める。
(4)5分間置いて昆布を取り出し、自然に冷まして冷蔵庫に入れる。

注意!!
市販のだしの素は使わないようにしましょう。化学調味料に含まれている成分が小麦粉のでんぷん質と反応して、ベタベタした生地になってしまいます。



混ぜ方のPOINT!


まず卵の黄身をつぶして、ロングスプーンでカップの底から手首をきかせながら、空気をたっぷりと含ませる要領で混ぜる。

両手で一旦持ち上げた場所で、くるっと手首だけを内側に返しながら置く。
(1) (2)

◆テコの元の方を持つ。

◆人差し指を支えにして中指と薬指で握りこむ。親指は軽く添える程度。親指に力をいれてはダメ。
◆勢いよくひっくり帰ると中の具が飛び散るので注意。

◆テコを手前に引いてしまうと、具と生地がバラバラになってしまうので気をつけて。
◆方の力を抜いて、リラックスしてやりましょう。

※もし中身が飛び出てしまっても、すぐ生地の中に押し込んでしまえば大丈夫です。


お好み焼きを焼く前に・・・

ホットプレートが温まったかどうかの確認方法は、ホットプレートを200℃(強)に設定し、温まってきたら中心に水を少し落としてみます。水がプレートの上を転がるように走れば、充分に温まった証拠です。



お好み焼きを焼くときの秘訣!

お好み焼きをふっくら・さっくり焼き上げる秘訣は、キャベツの水分を飛ばすことにあります。そのためには、基本生地とキャベツ・卵を、一人前づつ練りあわしていくことが大切です。

◆印刷したい方は「印刷」ボタンをクリックしてくださいね。
豚 玉 すじコンネギ焼 豚モダン焼き ミックス焼 行楽用MINIお好み焼
      MASTER トップへ>>
 | 事業内容 | 受講生募集 | お問い合わせ |
☆このホームページに掲載されている記事・写真・動画等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。
Copyright (C) 2003 wakatakegakuen All Rights Reserved.